• 当日券予約 NEW
  • 作品解説 NEW
  • コメントムービーNEW
  • キャスト紹介
  • 公演日程&チケット

  • 劇場アクセス
  • チラシ
  • 仮チラシ
  • Facebook
  • Twitter

  • モジリ兄とヘミング G2の作品解説


    偶然にも1920年代のパリ・モンマントルに住んでいた
    天才画家モジリアーニと文豪・ヘミングウェイの二人。
    もしも友人だったならどんな事が起こっていただろう? 
    もしもヘミングウェイが女性で、モジリアーニの恋人だったらどうなっていただろう?
    モジリアーニの死後、妻が後追い自殺し、それが後年に映画化されたことで
    彼の絵は高騰するのだが、その映画が生前に撮影されていたらどうなっていただろう? 

    そんなふうに想像を膨らませながら書いてみれば、
    なぜか2006年の新宿近辺に生きる日本人たちのお話になりました。
    初代iPhone発売の1年前です。SNS社会になる以前の日本。
    ところが、そこに20年後の技術である超進化したA.I.テクノロジーが絡んできて……
    断片的なコントのように見える各エピソードが、どんどん繋がっていき、
    画家・小説家・俳優という特殊な人生を生きる人たちの悲喜こもごもと、
    いつの時代もちっとも変わらない男と女のアレコレも盛り込んで、
    摩訶不思議ワールドに皆様をお連れします。
    タイムトラベルの場面のない、タイムトラベル・ファンタジーだったりもします。

    独自のキャラを持ち、腕前もしっかりした俳優たちが集まって、
    毎日、ああだこうだと試行錯誤しながら、情熱を込めて芝居を作り上げつつあります。
    この作品が小劇場のエポックメイキングになることを夢見て。

    スタッフも初めてご一緒する現役・多摩美大生の太田空見ちゃんの舞台美術、
    奇才・吉田能さんの音楽など、見どころ聴きどころもたっぷり。

    人生最小というミニマム空間でお届けするG2作品の新機軸、
    どうぞご期待ください。



    PREG トップページへ



    copyright © 2013 PREG. All Rights Reserved.